>  > エジプトで頻発する「聖母出現事件」の謎

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0

 聖母マリアといえば、キリスト教における救世主にして神の子であるイエスの産みの母である。『福音書』によれば、マリアはヨセフと婚約していたが、聖霊によってイエスを身ごもった。イエスが磔にされた後は、トルコのエフェソスに住み、最期は世界各地からテレポーテーションで運ばれてきた12使徒に囲まれ、生きたまま天に召されたという。

MarianApparition.jpg
聖ベルナルドゥスの幻視(フラ・バルトロメオ)
「Wikipedia」より

 ところが、聖母マリアが再び姿を現したという報告は、昇天直後の紀元1世紀から多数寄せられている。アイルランドのジョアン・アシュトンが1989年に著した『Mother of All Nations』によれば、著書発刊以前の1000年の間に、世界各地で実に21,000回以上その姿が目撃されたというのだ。そのうち、フランスのルールドやポルトガルのファーティマなど、11件がローマ法王庁によって真正の出来事と認められているが、ほかにもボスニア・ヘルツェゴビナのメジュゴリエや、日本の津和野(島根県)にある乙女峠でも聖母マリアらしき姿が目撃されている。公にされているもの以外にも、こうした目撃事例は世界各地に無数にあり、総数は到底把握しきれるものではない。

 ただ、こうした聖母マリア出現の事例においては、目撃したと主張する当人にしか聖母の姿は見えず、周辺にいる見物人は何も目視できないことがほとんどだ。ところが、こうした常識を打ち壊すような事例が、イスラム教の国であるエジプトで、しかも何件も発生しているのだ。


■エジプトで頻発する「聖母出現事件」

 この種の事件が最初に発生したのは、1968年4月2日の未明のことだ。その時、エジプトの首都カイロ郊外にあるザイトゥーン地区で、公共バスの車庫の労働者が、向かいにある聖母教会の屋根に不思議な女性の姿を見た。彼らは当初、この女性が教会の屋根から身を投げようとしているのかと疑い、

MarianApparition_2.jpg
事件を写したとされる写真 「Wikipedia」より

「お嬢さん、早まるんじゃない!!」

と叫んだという。しかし彼らもすぐに、この人影が尋常のものでないことに気づいた。なにしろ夜明け前の暗い教会の屋根で、女性の姿それ自体が明るい光を発して周囲を照らしていたからだ。やがて労働者の1人が言い放った。

「きっと聖母マリア様だ。マリア様がお姿をお見せになったのだ!」

 労働者たちは一斉にその場に跪いて、この不思議な人影を拝み始める。聖母マリアらしき姿は、片手に平和の象徴であるオリーブの枝のような光る物体を持ち、ドームの上を歩き回り、やがて消えてしまった。

 この噂はすぐにカイロ中へと広まり、次の夜から、教会の周辺には大勢の人間が押し寄せてきた。そしてこの大群衆の前で、同様の事象は何度となく繰り返されたのだ。

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。