>  >  > ヒトラーのキンタマは1つだった!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
1testicle_3.jpg
画像は「Wikipedia」より引用

 誰にでも、他人に知られたくないことがある。それはかつてナチス・ドイツ(第三帝国)の全権を掌握し、優生思想を唱えてユダヤ人をはじめとする多くの人々を死に追いやった総統、アドルフ・ヒトラーも同じだったようだ。なんと、生前のヒトラーがひた隠してきた自身の身体的特徴が、過去の記録から事実であることが確認されたという。

 生前のヒトラーが決して明かすことのなかった体の秘密――それはズバリ、「片玉」だということ! そう、彼は睾丸を1つしか持っていなかったのだ。いや、正確には2つあったのだが、右の睾丸が停留精巣(潜伏精巣)の状態だった。


■総統も悩んでいた(?)停留精巣とは

 停留精巣とは、睾丸が陰嚢の中に入っていない状態を指す。通常、胎児の睾丸は腹腔内に存在し、それが生まれる頃までに下降して陰嚢内に収まる。しかし、何らかの原因により下降が途中で止まってしまうと停留精巣となり、生後も腹腔内に留まり続けることになる。

 発生頻度は男児100人のうち3人程度とされ、現代では2歳頃までに手術を行うことが推奨されている。もしも停留精巣を放置すると、睾丸の発育が妨げられて次第に萎縮、将来はガン化する可能性もあるとされる、なかなか厄介な症状だ。


■都市伝説と化していた「ヒトラー片玉説」

1testicle_2.jpg
画像は「GAWKER」より引用

 さて、ヒトラーが「片玉」であることは、実は第二次世界大戦中から各国でウワサされており、イギリス軍兵士の間では「ヒトラーのキンタマは1つ(Hitler has only got one ball)」という歌が流行ったほどだ。

 なお、1945年のヒトラーの自殺後、旧ソ連が遺体を解剖した結果「片玉」であることが確認されたとの報告も存在するが、そもそもヒトラーの遺体はすぐに焼却処分された説が有力だ。また、アメリカに亡命したヒトラーお抱えのユダヤ系医師、エドゥアルド・ブロッホはインタビューで「ヒトラーの睾丸にはまったく異常はなかった」と答えていることもあり、長らく真実は闇の中、つまり都市伝説と化していたのがこの「ヒトラー片玉説」なのである。

関連キーワード

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。