>  >  > 【ガチ】「体外離脱」の謎が科学的に判明!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント4
関連キーワード:

うつ

,

めまい

,

佐藤Kay

,

体外離脱

,

内耳

,

前庭

,

離人症

 何世紀もの間、人々は“体外離脱”に高い関心を寄せてきたが、「なぜ起きるのか」については諸説ある中、誰もが納得するような科学的根拠は見つからずにいた。しかし、最近になってフランスの研究チームが「聴覚と視覚の絶縁が原因で、体外離脱は起こるのではないか」という研究結果を発表した。


■めまい症状者14%が体外離脱を体験

 英紙「Daily Mail」(7月26日付)は、仏・エクス=マルセイユ大学の主席研究員クリストフ・ロペス氏と前庭障害治療の第一人者であるマヤ・エルジエール博士による共同研究で「体外離脱は、前庭障害を起因とする」ことが解明されたと伝えている。

 前庭障害とは、内耳の漏出や鼓膜周辺の神経の感染症だ。この前庭器官と視覚系との伝達障害が引き金となり、体外離脱といわれるような感覚を引き起こしているのではないかというのだ。

 本研究は、エルジエール博士の患者210人と、制御グループとして210人の同性同年齢の、めまいを経験したことがない男女を比較して行われた。博士の患者は全員、前庭障害が原因で発症しためまいについて、なんらかの治療を受けている。

 まず、めまい有りグループの多くは、過去に抑うつ状態、不安感、離人症と診断されていたことがわかった。医師団は、これらの原因を前庭障害によるものと診断している。そして、めまいグループのうち、29人(14%)は、体外離脱経験者で、彼らのほとんどは生まれて初めてめまいを感じた直後、体外離脱を経験していることが判明した。

関連キーワード

コメント

4:匿名2017年8月16日 00:36 | 返信

トカナはこの記事みたいな独自見解をもっと入れていく方が価値のある媒体になるはずなのに、普段は怠けているのか。海外記事の翻訳だけでは面白くない

3:匿名2017年8月12日 20:09 | 返信

私自身もいわゆる普通の健康体の凡人ですが、今までに2回体外離脱の経験があります。離脱する前にいつも吐き気とめまい、あとものすごい轟音がしました。そのままの状態でしばらく横になっているとふと轟音が聞こえなくなり、次の瞬間部屋の天井に張り付くような感じで浮いており、布団に横たわっている自分の肉体を上から眺めていました。その後窓から外へ抜け、空の空間に開いたトンネルの中を通り、海辺に来ました。姿は見えないですが誰かがずっと常に付き添ってくれていました。私はその人をよく知っておりその人を名前で読んでいるのですが、不思議なことに今となっては頭の中に靄がかかったみたいに誰だったのか思いだせないのです。
長くなるので省きますが、その離脱の中で何百年も前の自分の先祖の男性と話をしました。しばらくするとこのまま戻れなくなるんじゃないかと不安になり、元来たトンネルを戻り、自分の家に戻って来ました。そして布団で寝ている自分の体にするりと入っていき、次の瞬間目を開けました。
あまりもリアルすぎて、この体験がただの夢だとはどうしても思えないのです。
後この体外離脱の経験をしたのは実は数十年も前なのですが、その頃私は体外離脱がどういうものなのか全く知らなかったし予備知識もゼロでした。にも関わらず、天井に浮いて布団で寝てる自分を眺めたりとか、トンネルを抜けて、違う世界に出たり、自分の先祖と話をしたりとか・・・・今にして思えば、体外離脱や臨死体験と言われる体験をされた他の方々と全く同じですよね。
この体験がただ単に脳の誤作動なのか、明晰夢なのかそれとも何かの神秘体験なのか、当事者の私自身もわかりません。でも一つ言えるのは嘘偽りなく確かに体験したということです。
もし科学的に解明されるなら本当にそうして欲しい。
長いコメント失礼しました!読んでくれてありがとうございます。

2:匿名2017年8月12日 17:42 | 返信

肉体から離れた場所の様子を正確に見たという事例について説明していない

1:匿名2017年8月12日 17:40 | 返信

肉体から離れた場所の様子を正確に見たという事例について説明していない

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。