• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント1
関連キーワード:

サイババ

,

スピリチュアル

,

山田高明

816mewMyzLL-mini.jpg
画像は、『真実のサイババ』(青山圭秀/三五館)より

 私がサイババを知ったキッカケは『ムー』が86年に出版した『世界ミステリー人物大事典』という別冊である。サイババは巻頭カラーページで取り上げられていたのだが、私の第一印象は聖者というより「アフロヘアの陽気そうなオジさん」であり、しかも「インド≒うさんくさい」という偏見も手伝って、その時は歯牙にもかけなかった。そういうわけで、私がサイババに“目覚める”には94年まで待たねばならなかった。

 周知の通り、この頃、理化学博士である青山圭秀氏が著作で取り上げたことが契機となり、サイババが突然日本で“ブレイク”する。『理性のゆらぎ』や『アガスティアの葉』といった青山氏の一連の著作はミリオンセラーとなり、当時ちょっとしたサイババブームを巻き起こした。

 テレビ局も何本かの特番を組み、中には「サイババのトリックを暴く」という趣旨のものもあった。実際、誰であれ指輪やビブーティ(神聖灰)などを思うままに物質化できるとすれば、世間の好奇の目は免れない。その際のサイババの「怪しい手の動き」はユーチューブでも見ることができる。

動画は、OM SRI SAI RAM !!!より

 もっとも、当時のマスコミや識者は奇跡現象の真贋論争に傾斜しすぎた嫌いがあるようだ。やれ手品だ、トリックだと指弾するのも結構だが、物事はやはり全体像を俯瞰しなければならない。結果、今に至るまでサイババの本質ともいえるある重要な面が日本で見過ごされている気がする。

 さて、青山氏は現在も日本のスピリチュアル界を牽引する人物と目されている。彼の著作は当然ながら私にも大きな印象を残した。そして、「実際にサイババに会ってみたい、奇跡と呼ばれるものが実在するならこの目で確かめてみたい」という気持ちが募っていったのである。ただし、諸事情から延期が続き、結局、まとまった時間が取れたのは1999年の暮れだった。まさに千年紀を彼の地において跨ごうという趣向である。

saibaba3.jpg
ビブーティを出すサイババ「OM SRI SAI RAM !!!」より

 そういうわけで、さるサイババ・ツアーに参加した。もっとも、それはツアーといっても、往復の交通の面倒だけ見るというもので、約1週間の滞在中は基本自由行動だった。悪くいえばほったらかしであるが、私にはむしろそれが性に合っていた。

関連キーワード

コメント

1:匿名2018年11月16日 05:06 | 返信

サイババは、こわいと思う。
これが、神ならば恐ろしいから近づきたいと思わない。

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。