ギザのピラミッドの座標が“光の速さ”と完全に一致していた! 宇宙人が建造した決定的“新証拠”に!

gizagoogle_02.jpg画像は「Daily Mail」より引用

 ギザのピラミッド建造の謎がまた深まった。これまでトカナでは、ギザのピラミッドに見られる天文学的特徴から約1万2500年前に宇宙人が建造したとする説を紹介したことがあるが、今回新たな事実が明らかになったのだ。

 英紙「Daily Star」(3月30日付)によると、ユーチューバーの「Manu Seyfzadeh」の調査により、ギザのピラミッドが位置する場所に、偶然とは思えない数値が隠されていたという。これまでにもギザのピラミッドの位置は、「真っ直ぐに北極点に面している」、「隣接するピラミッドとの間に太陽が昇る」、「真上にオリオンのベルト(オリオン座の3つの星、アルニタク・アルニラム、ミンタカ)が昇る」など、当時の知識を凌駕する天文学的な計算の下で決められており、人類以外の高度な知識を持った知的生命体が建造に関与していたのではないかと指摘されてきた。

 だが、この度Manu Seyfzadeh氏が発見した事実は、「ピラミッド宇宙人建造説」を決定的に裏付けるほどのものだ。何故なら20世紀になって決められたある物理学的な数値がピラミッドの位置に関わっていたからだ。

gizagoogle_01.jpg画像は「Google Earth」より引用

 それは光の速さである。光速度は約30万km/sと表記される場合が多いが、厳密な数値は299792458 m/sだ。そして、ギザのピラミッドも北緯29.9792458に位置しているのだ! 編集部でもギザのピラミッドの座標「29.9792458, 31.134658」をグーグルアースに打ち込んでみたところ、ぴったりとピラミッドの位置を表示した。これは偶然というにはあまりにも出来すぎてはいないだろうか? ちなみに上記の数値は10進法で表記されているため、グーグルアース右下に出てくる数値(60進法)とは異なっている。29.9792458を60進法で書き換えると29.58.45…となり、グーグルアースが表示する数値と合致する。

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ