日本海でリュウグウノツカイが超大量出現 「地震の前触れか…3.11と酷似」2月15日が危険!?

日本海でリュウグウノツカイが超大量出現 「地震の前触れか…3.11と酷似」2月15日が危険!?の画像1画像は「YouTube(サンテレビ)」より引用

 日本の海に異常が起こっている。近海に出没することが珍しい深海魚「リュウグウノツカイ」が相次いで発見されたのだ。「CNN」日本語版(2月3日付)によると、富山県では昨秋以降リュウグウノツカイが5匹も捕獲されており、「毎日新聞」オンライン版(2月4日付)によると、1月23日には兵庫県豊岡市沖でもリュウグウノツカイが定置網にかかっているのが見つかったという。ネット上では「地震が起こるのでは……」「3.11とそっくり……」と話題になっている。

 昔から深海魚、その中でもとりわけ珍しいリュウグウノツカイの出現は地震の前触れとして恐れられ、特に中国や台湾ではリュウグウノツカイは「地震魚」、すなわち「地震を呼ぶ魚」であると警戒されてきた。しかし、2017年7月、東海大学などの研究チームが、「深海魚の捕獲や漂着は大地震の前兆ではない」という研究結果を発表し、深海魚が地震の前触れという説は迷信に過ぎないと科学的に証明されてしまった。

 だが、この研究結果に疑問を呈したのが、地震研究家の百瀬直也氏である。氏は独自に収集したデータを再整理し、確かに深海魚の出現が地震の前触れになっていることを明らかにした。その具体的な内容は以下の再掲記事に譲るが、結論を言えば、今回のケース、つまり富山県や兵庫県などの日本海側でリュウグウノツカイが出現した場合は地震との相関関係は見えづらい。しかし、東日本大震災が起こった2010年~2011年にかけて小田原など太平洋側でリュウグウノツカイがかかったことなどを踏まえると、太平洋側で深海魚が出現した場合には注意が必要とのことだ。

 ちなみにLove Me Do氏の予言によると、今月は2月11日~13日、そして15日付近に要警戒。また、よく当たると言われる諏訪大社の占いでは「今年は災害が多い年」と出ているので2019年全体を通して十分に警戒する必要がある。

 以下、百瀬氏の検証記事を再掲する。

//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

日本海でリュウグウノツカイが超大量出現 「地震の前触れか…3.11と酷似」2月15日が危険!?の画像2イメージ画像:「Thinkstock」より

 7月13日、「深海魚の捕獲や漂着は大地震の前兆ではない」という研究結果が、東海大学などのチームによってまとめられた。それによると、過去20年における深海魚の目撃と地震発生の関連性を調べたところ、場所が一致する例はほとんどなかったという。東海大の織原義明特任准教授(固体地球物理学)は「深海魚の目撃は、地震の前触れ情報として防災や減災に役立つ手段にはならない」(2017年7月13日、日本経済新聞)と断言する。しかし筆者は、この結果に疑問が残るところがあり、自ら収集した深海魚出現のデータを見直してみた。すると、やはり「一致した例はほとんどない」どころか、無視できない数の実例が見られるのだ。今回は、それら深海魚出現の直後に大きな地震が起きたケースを紹介することにしたい。


■研究チームが見逃していた重要なポイント

日本海でリュウグウノツカイが超大量出現 「地震の前触れか…3.11と酷似」2月15日が危険!?の画像3画像は「日本経済新聞」より引用

 さて、研究チームは、1992年1月1日~2011年3月11日にリュウグウノツカイやサケガシラといった深海魚の目撃例101件を収集し、調査したという。そして、この期間に発生した震源の深さが100kmより浅いM6以上の地震161件との関連性を検討したところ、深海魚の目撃から30日以内に同地域で地震が発生した例は8%にすぎなかった。対象地域の範囲をさらに絞ると、もちろん一致例はより下がる。結果、深海魚の出現と地震の発生には関係がないと判断したようだ。

 実は、同研究で分析の対象とされた深海魚の目撃例は、日本海側が9割近くを占めている。約50年にわたり超常現象を研究してきた筆者のこれまでの経験からすると、特に冬場の日本海に深海魚が出現した場合、その後で大きな地震は起きないケースが多い。恐らく目撃された深海魚の多くは、冬に海水温が低下したなどの理由で深海から浮上してきたのではないかと推測する。そのため冬季、とりわけ日本海側で深海魚が出現しても地震と結びつかない可能性が高く、筆者は慎重に扱うことにしているのだ。

人気連載

「台湾有事の時、メインで戦うのは日本」アーミテージ発言で露見した米国の“本当の計画”をジェームズ斉藤が解説!

「台湾有事の時、メインで戦うのは日本」アーミテージ発言で露見した米国の“本当の計画”をジェームズ斉藤が解説!

【連載:某国諜報機関関係者で一切の情報が国家機密扱いのジェームズ斉藤(@Jame...

2022.07.05 17:30日本
米最高裁「中絶権利認めず」、メディアが報じない“本当の意味”とは? 容認派の闇と極左の陰謀をジェームズ斉藤が暴露

米最高裁「中絶権利認めず」、メディアが報じない“本当の意味”とは? 容認派の闇と極左の陰謀をジェームズ斉藤が暴露

【連載:某国諜報機関関係者で一切の情報が国家機密扱いのジェームズ斉藤(@Jame...

2022.07.04 18:00海外
日本版CDCは売国自民党政治の極致だった! 列島がアメリカの属州化&実験場になる未来をジェームズ斉藤が解説

日本版CDCは売国自民党政治の極致だった! 列島がアメリカの属州化&実験場になる未来をジェームズ斉藤が解説

【連載:某国諜報機関関係者で一切の情報が国家機密扱いのジェームズ斉藤(@Jame...

2022.06.22 17:30日本
ツイッター買収の黒幕、第二次日露戦争、岸田政権の売国… 報じられない真実をジェームズ斉藤が暴露!

ツイッター買収の黒幕、第二次日露戦争、岸田政権の売国… 報じられない真実をジェームズ斉藤が暴露!

【連載:某国諜報機関関係者で一切の情報が国家機密扱いのジェームズ斉藤(@Jame...

2022.05.31 17:30海外
チャクラが輝き、陰陽エネルギー吸収、10歳若返り… 「異次元レベルで整う」世界最先端の波動グッズがヤバい!

チャクラが輝き、陰陽エネルギー吸収、10歳若返り… 「異次元レベルで整う」世界最先端の波動グッズがヤバい!

不思議ジャーナリストの広瀬学氏は、科学では解明できないこの世の不思議を探求し続け...

2022.06.20 15:30異次元

日本海でリュウグウノツカイが超大量出現 「地震の前触れか…3.11と酷似」2月15日が危険!?のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで

トカナ TOCANA公式チャンネル