カマキリが「最低最悪な肉食昆虫」である10の理由を東大教授が“発狂解説”! 壮絶ななぶり殺し…意外な魅力も!

関連キーワード:

,

,

,

,

,

カマキリが「最低最悪な肉食昆虫」である10の理由を東大教授が発狂解説! 壮絶ななぶり殺し…意外な魅力も!の画像1
画像は「getty images」より引用

 あの死に方だけは避けたいですよ。「あいつに食われる」という死に方だけは。

 あいつらが最悪である点はいくらでも挙げられます!

 まず、毒を持たない(理由1)。ひたすら咬むだけ(理由2)。食われた日にはたまったもんじゃありません。麻酔なしで肉をガジガジえぐられてゆくわけだから。

 しかも、牙がやたら小さい(理由3)。無毒なら無毒で、ひと思いにガブっとやってくださいよ、まったく。おちょぼ口でチビチビじゃ ……。早く殺してあげてよ、もう!

 昔の中国朝鮮の極刑、長時間かけて肉を削いでゆくあの「凌遅刑」ですね。いや、あれよりひどい。というのもあいつら、やけに不器用(理由4)なんですよ。掴み方や体勢がちょっと悪かったり獲物が暴れたりすると、かじりかけで離してしまいやがる。だから、大怪我したまま放り出されてのたうち回る羽目になったり。凌遅刑なら最後は殺してくれる保証付きだが、あいつらの場合は、半殺しのままサヨナラされる恐れがあるんですよ……。

 たとえばこれとか 。

 スズメバチの腰をバリバリ音たててむしり食いし始めたはいいが、毒針乱発に嫌気がさしたか途中放棄するわけですよ。あ~あ。とどめ刺さずに。同じ毒無し昆虫でも、牙のでかいオニヤンマならスズメバチをザックリ瞬殺してやってますよ 。

 掴みが甘いこれも 。(0:40~)

 毒針食らって投げ捨てざるをえなくなっちゃった。解放されたスズメバチ、もはや飛べずによたよた歩いて行ったけど、あれじゃあ蟻の餌食でしょうね。

関連キーワード

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ