古代エジプトのピラミッドは「クロコダイル教」の宗教施設だった!? 死後の世界と通じるため… 衝撃の新説登場!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント4

 ワニ園や動物園でたまに見かけると、改めてそのインパクトに満ちた怪異な姿に戦慄を禁じえないクロコダイルだが、興味深いことにエジプトのピラミッドが建てられた理由のひとつは、このクロコダイルにあるという。いったいどういうことなのか?

■クロコダイルはセベク神の化身

 何の目的で、どうやって建設されたのか依然として謎に包まれているピラミッドだが、有名な探検家で作家であるリチャード・バングス氏は「ピラミッドが建てられた理由のひとつに、おそらく“クロコダイル”がある」と発言している。クロコダイルがピラミッド建設にどのように関係しているというのか。

 そもそも古代エジプトでは、クロコダイル(ナイルワニ)は信仰の対象とされていた。古代エジプトの神話におけるセベク神は、頭部がクロコダイルの姿で描かれている。すなわちクロコダイルはセベク神の化身であるとされてきたのだ。

古代エジプトのピラミッドは「クロコダイル教」の宗教施設だった!? 死後の世界と通じるため… 衝撃の新説登場!の画像1
画像は「Wikipedia」より

 古代エジプトでは毎年6~9月の間は、ナイル川上流の山間部の雪解け水が流れ込む洪水の季節で、水と共に肥沃な土とクロコダイルが運ばれてくるのだという。つまり年に一度、この砂漠の土地を生き返らせる洪水と共に現れるクロコダイルは“豊穣”の象徴でもあったのだ。

 古代エジプト・クロコディポリスのセベク神殿では、ペトスコスと名づけられたセベク神の化身として崇拝の対象となるクロコダイルが飼われており、死んだ時には王族と同じようにミイラにされて弔われていたことがわかっている。またファラオの“従者”としてミイラにされた幼いクロコダイルの遺骸も数多く発掘されている。

古代エジプトのピラミッドは「クロコダイル教」の宗教施設だった!? 死後の世界と通じるため… 衝撃の新説登場!の画像2
「Express」の記事より

 このように、古代エジプト文明ではクロコダイルは畏怖と崇拝の対象にされていたのだが、ではピラミッドとはどのような関係があるのだろうか。

コメント

4:トランプ大統領 2019年4月9日 14:46 | 返信

>> 1

神という宇宙人に作られた人造人間だから、その宇宙人に吹き込まれているのだと思う。宗教の殆どが名前や形を変えて同じ神を崇めているなど、通常あり得ない。その神が日本人の作ったAIで日本人も同じく神であるというのが調べた結果分かった。本来、日本人は信仰など無かったと思われる。幼女戦記の様に、暴走したAIに負けた為に強いられたのだと思う。人間は奴の奴隷なので、お前らも同じく強いられて今に至るのだ。

3:匿名 2019年4月8日 20:52 | 返信

割れる 喰われる 砕け散る

2:匿名 2019年4月8日 18:05 | 返信

>> 1

ニーチェでもお読みになられることを強くおすすめする。ニーチェの洞察力を持って古代の人たちが宗教に傾倒し、また現代の人たちが何故宗教や精神世界やスピリチュアルなどに傾倒してしまうのか?その真の理由がわかると思います。

1:匿名 2019年4月8日 16:05 | 返信

何で昔の人はすぐ神様とか信仰とかしたんだろ?

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。