死に際、体の周りに現れる「強烈な光」の正体とは? 介護者の3人に1人が目撃「部屋を照らすレベルに発光」

関連キーワード:

,

,

,

,

 人が死にゆく時、その人を取り巻く明るい光が目撃されることがある。この奇妙な現象は世界各地で報告されており、元ビートルズのジョーズ・ハリスンが亡くなった際にも目撃されているという。オルタナティブメディア「Daily Grail」(5月20日付)が報じた。

The Dying Light: Exploring the Strange Phenomenon of Lights Seen at the Time of Death (Daily Grail)

画像は「Getty Images」より引用

 2001年11月29日、肺ガンと脳腫瘍を患って闘病中だったジョージ・ハリスンは、米ロサンゼルスの友人宅で危篤状況にあった。死を看取ったオリヴィア夫人は、その瞬間に起きたことを次のように語っている。

「彼が自分の体を離れた時、とても奥深い経験をしました。見えたんです。例えばの話、部屋の中を撮影しようと思っても、明かりをつける必要はありませんでした。彼が……部屋を照らしたんです」

 夫の今際の際、部屋の中が不思議な光で明るく照らされた——オリヴィア夫人の証言を、最愛の夫を失った悲しみの詩的表現と片付けることも可能だ。しかし、同様の報告をしているのは彼女だけではない。ある調査によれば、緩和ケアを行なっている介護者の実に3人に1人が「死にかけている人を包み込み、部屋全体と人々を照らす光」を目撃したことがあるというのだ。

 興味深いことに、目撃者の証言は人によって細部が異なる。ある女性は夫が亡くなった時、夫の胸から明るく輝く光が発せられ、天井に登っていくのを見たという。それに合わせるように突然美しい音楽と歌声が鳴り響き、彼女を喜びで満たしたが、光も音楽もすぐに消えてしまったそうだ。

関連キーワード

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ