2カ月間言葉を失っていた女、突然4カ国語のアクセントで話しだす! 「自分の声ではないみたい…」超常現象ゼノグロッシー発動か!?

「ゼノグロッシー」という超心理学用語をご存じだろうか――。

■入院後に話し言葉が4カ国の外国なまりに

 今までTOCANAでは「輪廻転生の証明か? 3歳児が知らない英語を突然ペラペラ話し始める超常言語現象「ゼノグロッシー」が発動!=イスラエル」、「【脳の驚異】中国人老婆、昏睡状態から目覚めたら英語がペラペラに!!」、「【脳の驚異】昏睡状態から目覚めたら、中国語がペラペラに!! 豪・青年の脳に一体何が?」、と題してゼノグロッシーの話題を報じてきたので、覚えている方も多いだろう。

「ゼノグロッシー」には過去、宗教的な「異言」、「憑依現象」、「生まれ変わり」と混同されてきた経緯がある。

 しかし最近では、ヒトの複雑な脳機能が解明されるにつれて、れっきとした医学的現象であるという見方が多数派になっている。

 今回は生粋のイギリス人女性の英語が突如、4カ国もの異なる外国アクセントになってしまった症例をご紹介したい。

2カ月間言葉を失っていた女、突然4カ国語のアクセントで話しだす! 「自分の声ではないみたい…」超常現象ゼノグロッシー発動か!?の画像1
「Oddity Central」の記事より

 イギリスのエセックス生まれのエミリー・イーガンさん(31歳)の人生は、今年の1月、突如変化した。彼女はボーンマスで児童養護施設の責任者を務めていたが、2週間前からしつこい頭痛に悩まされていた。

 そしてある日、彼女の声が太く、そして脳卒中のサインと言われる「ゆっくりで不明瞭な話し方」に変わったことに周りの人が気づいた。彼女は病院に急いで運ばれたが、その後エミリーさんは話す能力を完全に失った。医者がいくつかのテストをエミリーさんに行ったところ、脳卒中の疑いは排除され、ある種の脳損傷によって発声ができなくなったと診断された。

 エミリーさんは病院に3週間入院したが、会話はできず、職場で習った簡単な手話と、テキスト読み上げアプリに頼る状態のままであった。

 医者はエミリーさんが病院を退院する時、彼女がパートナーのブラッドリーと行く予定だったタイで、のんびり過ごすように勧めた。医者の勧めは正しく、休暇後に彼女は再び会話ができるようになったのだった。

2カ月間言葉を失っていた女、突然4カ国語のアクセントで話しだす! 「自分の声ではないみたい…」超常現象ゼノグロッシー発動か!?の画像2
エミリーさん 画像は「YouTube」より

 ただしたった一つ、そこには重大な問題が起きていた。

 エミリーさんは英エセックス育ちで、エセックス地方の強いアクセントがあり、外国語は全く話せなかった。しかし現在、彼女の英語には、強いロシアのアクセントがある。それはまるで、彼女がロシア移民か、ロシア観光客のように聞こえるほどだ。

 彼女は、ロシア人のような英語のアクセントでこう語る。

「タイでのバケーション中、私は耳が聞こえない人が話すように、少しずつ話し始めました。それは私の身体が完全にリラックスしたので、脳神経経路がゆっくり動き始めたと考えられています」(エミリーさん)

 しかしすぐにエミリーさんは、自分の英語に東ヨーロッパのアクセントがあることに気付き、ショックを受けた。そして不思議なことに、彼女の英語のアクセントは突然、ポーランド人、イタリア人、さらにはフランス人が話す、外国人風の英語のアクセントに変わるという。

 それは自分がどれだけ疲れているかによって変わるとエミリーさんは説明している。そして、2020年3月、彼女は公式に「外国アクセント症候群」と呼ばれる稀な症状と診断された。

「自分の声が戻ってきた時、私はとてもうれしくて興奮しました。でも今、自分の口から出てくる声は、まるで自分の声ではないみたいです」とエミリーさんは英メディア「SWNS」に語った。

人気連載
新郎との初夜の前、実父に“味見”される新婦!「娘は父親の所有物」歪んだ価値観が生んだ近親相姦の伝統とは!?=西日本

新郎との初夜の前、実父に“味見”される新婦!「娘は父親の所有物」歪んだ価値観が生んだ近親相姦の伝統とは!?=西日本

【日本奇習紀行シリーズ 西日本】  とかく、その当事者...

人気連載
日本一詳しい「Qアノン」情報、某国諜報部員が暴露!Twitterとトランプ…SNSの陰謀全構図!

日本一詳しい「Qアノン」情報、某国諜報部員が暴露!Twitterとトランプ…SNSの陰謀全構図!

【連載:某国諜報機関関係者で一切の情報が国家機密扱いのジェー...

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ