今話題の怪談師・田中俊行が「絶対に聞いてはいけない」最恐の怪談2つを暴露! 清水あいりが取り乱して大号泣!!

今話題の怪談師・田中俊行が「絶対に聞いてはいけない」最恐の怪談2つを暴露! 清水あいりが取り乱して大号泣!!の画像7
清水あいり(撮影=橋本美花)

清水  この動きがとてつもなく怖いです。(恐怖のあまり涙ぐみながら逆さ拍手を再現する清水あいり)

田中  清水さん、怪談へのリアクションがめちゃくちゃいいですね、世界一です! 逆さ拍手は“おめでとうの反対”の意味で、相手を呪う仕草です。大塚愛さんがヒット曲「プラネタリウム」をミュージックステーション(テレビ朝日系)で披露した時、裏拍手をしていたお客が混じっていた話は都市伝説として有名ですね。

清水  じゃあ、冗談でもやったらダメですね。

田中  僕は、もう1000回ぐらいやっている(笑)。自分は今年、厄年なんですけど、逆さ拍手の効果のせいかわからないのですが、めちゃくちゃ調子がいい。悪いことが全部裏返っている感じなんです。まあ、単純に体の調子がいいというだけのことなんですが。こういったオカルト系の仕事をしていると、突然体調を崩して倒れたりする人も多いんです。まあ、気にしないという姿勢も大事かもしれませんが。ちなみに、僕はお祓いもしてもらいません。清水さんはお祓いしてもらったことは?

清水  心霊スポットに行く番組に出演した時、ロケに行く前にお祓いをしました。でも怖がっているとその恐怖にどんどん飲まれていく感じがしたので、ロケの最中はずっと楽しい気持ちでいるようにしました。笑ったり、スキップとかしていましたね。

田中  さすがにスキップはまずいのでは(笑)? 清水さんはきっと“感じる”ほうだと思いますね。お母さんも強いみたいだし(※ 前編を参照)、霊感を封印しているだけなのかも。

清水  どうしよう、そうかもしれない。だから、あまり意識を向けないようにしています。だけど、今日のお話はあまりの恐ろしさに夢に出てきそうです……。

田中  清水さんの夢になら出てみたいと思います!

今話題の怪談師・田中俊行が「絶対に聞いてはいけない」最恐の怪談2つを暴露! 清水あいりが取り乱して大号泣!!の画像8
左:清水あいり、右:田中俊行(撮影=橋本美花)

清水  これまで怖い話は、映像でしか見たことがなくて、こんなふうに目の前で怖い話をされるのは初体験です。(手で顔を覆いながら指の隙間から田中氏を見つめる清水あいり)

田中  そんなに怖がってくれているのなら、せっかくなのでもう1話ぐらい話そうかなあ……。

清水  ひぇぇぇええええ!

■怪談「白い腕」

田中  僕はずっと神戸に住んでいるんですが、地元の友達にKくんというカメラマンがいるんです。これはKくんの体験談です。

 今はプロのカメラマンとして活躍しているKくんですが、ふと専門学校時代に中国に行ってみようと思い立ったことがあるそうです。というのも、Kくんは『三国志』が大好きで、そのゆかりの地を巡ってみたいと思ったんですね。Kくんは旅費を貯めて、神戸から船で上海へと渡りました。でも、当時は学生だったので貧乏旅行でしたから、バックパッカーがよく泊まるゲストハウスに宿泊したのです。そこでKくんは、まず中国旅行の綿密な計画を1週間かけて練ることにしました。

今話題の怪談師・田中俊行が「絶対に聞いてはいけない」最恐の怪談2つを暴露! 清水あいりが取り乱して大号泣!!のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで

トカナ TOCANA公式チャンネル