ついにワームホールを“安全に通り抜ける”方法が発覚! 1万光年を1秒で移動、カギは5次元宇宙だった!(最新研究)

 スペースオペラの世界では頻繁に登場するワームホールだが、我々人類がこの“時空のトンネル”を活用することができるのだろうか? 最先端の理論によれば、我々がワームホールを通り抜けるための鍵は“5次元”にあるという。

■ワームホールを安全に通り抜ける方法とは

 入口から入って出口から外に出てみると、遥か彼方の宇宙に移動していたり、あるいはパラレルワールドへ放り出されたりするという驚異の“トンネル”がワームホールだ。

 一般的な物理学では理解することができないワームホールだが、驚くべきことに米・プリンストン大学の2人の物理学者が、人間が安全に、そして周囲に影響を及ぼすことなくワームホールを通過できる方法を解説している。

 プリンストン大学の理論物理学者、フアン・マルダセナ教授と同大の卒業生で天体物理学者のアレクセイ・ミレヒン氏は、高次元宇宙の観点から世界を説明する「ランドール=サンドラム(Randall-Sundrum)」モデルを使って、人間がワームホールを通過できる解決策があると指摘している。

 この驚くべき研究は「Humanly traversable wormholes」というタイトルで今年8月に学術論文アーカイブ「arXiv.org」で公開された。

ついにワームホールを安全に通り抜ける方法が発覚! 1万光年を1秒で移動、カギは5次元宇宙だった!(最新研究)の画像1
「Mysterious Universe」の記事より

 天文学系ニュースメディア「Universe Today」はさっそく研究チームにメール取材を行い、返ってきた返答は下記の通りだ。

「通過可能なワームホールが存在するには、特別な状況が必要です。 これには、負のエネルギーの存在が含まれます。これは古典物理学では認めらていませんが、量子物理学の領域では説明可能です」(研究チーム)

 3次元空間+時間という4次元の観点では、仮にワームホールが存在したとしても、入口から出口に出るまでの時間は、ワームホールを通らずに入口と出口の2つの地点を移動するよりも時間がかかるという。つまりワームホールを通り抜けるほうが移動が遅くなるのだ。

 さらに悪いことに、ワームホールは存続期間が短く揮発性であるため、それが無くなる前に出口側に到達することはできなという。ワームホールを通過している間にワームホールが崩壊してしまうのである。

ついにワームホールを安全に通り抜ける方法が発覚! 1万光年を1秒で移動、カギは5次元宇宙だった!(最新研究)の画像2
「Mysterious Universe」の記事より

 最後のとどめとしては、ワームホールを通過できるのは粒子レベルものであり、ましてや宇宙船などが通り抜けられるようなものではないということだ。このように4次元を前提にすると、量子物理学をもってしてもワームホールは人間とは無縁の存在になる。

 しかし、マルダセナ教授らによれば5次元の観点からワームホールを理解すれば、我々はこのワームホールを便利な移動手段として活用できるというのだ。

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ