ついに“不食人間”の秘密解明か!? 「〇〇が超絶活性化」1日1食で生きる筆者の神秘的すぎる体調も暴露!

■喉のチャクラのはたらき

 先に2人のヨギのケースを紹介したが、秘教ヨガの教えである「チャクラ」の概念なしで不食を説明することは難しい。人体の背骨に沿って存在するという7つの霊的中枢であるチャクラの一つに、喉のところの「ヴィシュダチャクラ」がある。前述の通り、ヨガにおいて不食や少食は、このチャクラが活性化することによって可能となるとされる。その方法としては、読経やマントラの唱和で開発されると言われている。

ついに不食人間の秘密解明か!? 「〇〇が超絶活性化」1日1食で生きる筆者の神秘的すぎる体調も暴露!の画像3
画像は「Getty Images」より引用

 チャクラの研究で世界的権威だった故・本山博博士の『チャクラの覚醒と解脱』などの著書と筆者の長年の研究の結果を踏まえて言うと、一般に物理的次元でヴィシュダチャクラが不安定に動いている人、つまり「ヴィシュダタイプ」の人の特徴は、以下のようなことがある。

・ 全身の倦怠、いつもボーっとしている。
・ 「精力的」とは正反対の外観や行動
・ 皮膚が弱い、皮膚の病気になりやすい。
・ 呼吸器系の異常が起こりやすい。
・ 精神的に虚しさ、空虚を覚えることが多い。
・ 無常的な世界観を持ちやすい。
・ 厭世的になるパターンもある。
・ 聴覚が敏感だったり、音楽的才能がある場合が多くミュージシャンに多い。
・ いつまでも外見が若々しい。
・ 声がきれい、または特徴がある声。

 また、本山氏の著書によると、ヴィシュダチャクラが目覚めた人では、以下のようなことが起きるという。

・ 自己への執着が消え、すべてのことから自由になる。
・ 直観に優れ、自分の身体の機能を意志でコントロールできる。
・ 話術が巧みになる。
・ 透視能力、テレパシーが働く。
・ 霊聴能力。
・ 人の過去生を識る能力。
・ 中にはものを食べずに生きることができる人もいる。

 不食者や少食の人々に、なぜものを食べずに生きていけるのかと尋ねると、「プラーナや太陽エネルギーを取り込んでいるから」と口を揃える傾向がある。

ついに“不食人間”の秘密解明か!? 「〇〇が超絶活性化」1日1食で生きる筆者の神秘的すぎる体調も暴露!のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで