ミャンマーで本当にあった「幽霊の大引越し」事業とは? 軍がトラックで幽霊輸送… 霊障連発!

 ミャンマーの新首都・ネピトー。旧首都ヤンゴンから遠く離れたこの地に、人工都市の新都が造成された理由は諸説あるようだが、ヤンゴンでは植民地時代の“亡霊”にさんざん悩まされていたそうで、開発にあたってそういった部分については特に気を遣う必要があったという。

 ネピトーが位置する町のひとつ、タッコンの墓地に修道院と地方裁判所を建設することが決まった際には、12台のトラックが一日3便、3日間にわたって運行するという壮大な墓地移転計画が組まれた。由緒正しい幽霊対処儀式とのことだが、その最中にはさまざまな霊障が発生したそうだ。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

※ こちらの記事は2019年12月21日の記事を再掲しています。

 ネピドーは、2006年にミャンマーの新首都となった。正式な行政都市ではあるものの、日本人には知名度が低いと言わざるを得ない。

■大規模な墓地移転計画で“ゴースト”も引っ越し

 旧首都ヤンゴンから約320キロメートル内陸部にこの人工都市・ネピドーを造成した理由には諸説あり、ヤンゴンが海に近すぎるため浸水の危険があるからとか、「遷都せねば、おまえとおまえの政権は崩壊するだろう」とタン・シュエ前国家元首に占星術師が警告したからなどなど……。

ミャンマーで本当にあった「幽霊の大引越し」事業とは? 軍がトラックで幽霊輸送… 霊障連発!の画像1
画像は「BBC」より引用

 なにより、ヤンゴンは植民地時代の“亡霊”にさんざん悩まされたわけだから、新都ではそういった一切を完全排除する必要があったはず。だが、一筋縄ではいかなかったようだ。

 2010年、だだっ広い平原が着々と開発されつつあるなか、ミャンマー国軍のアウン・ハント大尉は、タッコン(ネピドーが位置する町の1つ)の墓地移転計画を任されていた。政府はここに修道院と地方裁判所を建設する予定だったので、まずは元からある墓地の移転が急務だったのだ。

ミャンマーで本当にあった「幽霊の大引越し」事業とは? 軍がトラックで幽霊輸送… 霊障連発!の画像2
画像は「Independent」より引用

 ミャンマーに限らず、墓地移転にはトラブルがつきものだ。愛する者を亡くした親族の心情を察すれば無理もない。だが、この国の墓地撤去は特別で、さらにこのエリアには、より困難な理由があった。墓所と一緒に住み着いた死者たちを埋葬場所から移動させる必要があったのだ。そして、タッコンの墓地の幽霊との死闘が始まった。

 ミャンマーのある宗教学者によれば、「タッコンは第二次世界大戦中、日本兵の埋葬地として役立った」そうだ。なにやら『ビルマの竪琴』(新潮文庫)の物悲しさが漂ってくるが、さらにミャンマーでは、暴力により命を落としたものは「葬式をしても完全には魂が解放されず、霊的な名残が消えない」と考えられているという。

ミャンマーで本当にあった「幽霊の大引越し」事業とは? 軍がトラックで幽霊輸送… 霊障連発!の画像3
画像は「Independent」より引用

「ミャンマー人は霊魂を恐れている。もし、ゴーストたちがこの場所から動きたくないと怒りをあらわにすれば、町の人々は危険に晒されたでしょう」(ハント大尉)

 そういうわけで、当時タッコンの墓地撤去は決して大げさでなく、命がけの任務だった。では、どうやって遺体を新しい墓地に輸送したか、だ。

■渋るゴーストたちが引き起こす心霊現象の数々

「ミャンマーの幽霊は、重たいですよ」と、大尉はいわくありげに微笑む。この国の幽霊は身長が2メートルはある巨体なのだという。そして、大尉はおもむろに「ゴーストの運搬手段」について語りだした。

「墓を移転した後、政府は幽霊を移動させるためにトラックを調達したんです。精霊師に幽霊を監視させながら、トラックへ誘導したんですよ。12台のトラックを3日間。1日3便運行しました」(ハント大尉)

 この番号は偶然ではない。計108回の旅程をこなしたのだ。「除夜の鐘」同様、108は仏教の法数では吉兆とされているからだ。

ミャンマーで本当にあった「幽霊の大引越し」事業とは? 軍がトラックで幽霊輸送… 霊障連発!の画像4
画像は「Independent」より引用

 1台のトラックに10人以上のゴーストを載せ、移動する墓は1,000以上もあったという。なかには、ほとほと扱いに困るゴーストたちもいて、トラックの最前列を奪い合ったり、すし詰めを嫌い、トラックではなく乗用車でのVIP対応を要求したりなんてことも。

 思い通りにいかないとわかると、さまざまな災難を引き起こしたという。ブルドーザーの故障からネピドー開発公団の職員住宅で飼っていた猫の突然死まで。あるときは、現場作業員の夢枕に3人のゴーストが立ち、「自分たちを置き去りにするな」と抗議したという。翌朝、念のため掘り返した墓地へ戻ってみると、まだ掘り起こされていない古い墓が3基出てきたそうで。

 断っておくが、このような驚愕のトラック便はオカルトでも“お花畑”でもなく、ミャンマーで古来伝わる、れっきとした幽霊対処儀式なのだ。ほぼ半世紀にわたる軍事政権が終わった21世紀のミャンマーだが、伝統は今も息づいているということか。

ミャンマーで本当にあった「幽霊の大引越し」事業とは? 軍がトラックで幽霊輸送… 霊障連発!の画像5
画像は「Independent」より引用

 ネピドーとは「王都」を意味する。旧軍事政権がゼロから造り上げたメガロポリスは、むやみに広大で人もまばらだ。わざわざ立ち寄るほどの、めぼしい観光地もない。ツアーコンダクターたちは、この町を「ゴーストタウン」と呼ぶ。だが、考えてみれば、これほど皮肉なこともないだろう。なにしろこの町は、ゴーストが1人もいないゴーストタウンなのだから。

参考:「BBC」、「Independent」、ほか

文=佐藤Kay

佐藤Kayの記事一覧はこちら

※ 本記事の内容を無断で転載・動画化し、YouTubeやブログなどにアップロードすることを固く禁じます。

人気連載

『クレイジージャーニー』出演ケロッピー前田、世界のカウンターカルチャーを追い続ける男の謎に迫る!

『クレイジージャーニー』出演ケロッピー前田、世界のカウンターカルチャーを追い続ける男の謎に迫る!

今夜21時からの「クレイジージャーニー」(TBS系列)は放送200回突破記念!少...

2023.01.30 17:00海外の連載
夜泣きにアヘン、溺れた者には「タバコ浣腸」……今では考えられない昔の医療! 驚異の陳列室「書肆ゲンシシャ」が所蔵する奇妙な本

夜泣きにアヘン、溺れた者には「タバコ浣腸」……今では考えられない昔の医療! 驚異の陳列室「書肆ゲンシシャ」が所蔵する奇妙な本

――【連載】驚異の陳列室「書肆ゲンシシャ」が所蔵する想像を超えたコレクションを徹...

2023.01.15 14:00歴史・民俗学
アートの題材となった死体写真…アラーキーからマニアしか知らない写真家まで! 驚異の陳列室「書肆ゲンシシャ」が所蔵する奇妙な本

アートの題材となった死体写真…アラーキーからマニアしか知らない写真家まで! 驚異の陳列室「書肆ゲンシシャ」が所蔵する奇妙な本

――【連載】驚異の陳列室「書肆ゲンシシャ」が所蔵する想像を超えたコレクションを徹...

2022.12.31 17:00歴史・民俗学
小池百合子が中国利権屋になった理由とは? 中国産太陽光パネルで都民税増税&地価暴落の恐れ=ジェームズ斉藤

小池百合子が中国利権屋になった理由とは? 中国産太陽光パネルで都民税増税&地価暴落の恐れ=ジェームズ斉藤

【連載:某国諜報機関関係者で一切の情報が国家機密扱いのジェームズ斉藤(@Jame...

2022.12.21 17:00日本
2023年を人生激変の年にする開運・波動グッズ4選! 願いが叶うクリスタル、財運が向上する八卦鏡、高波動プラチナフォトン

2023年を人生激変の年にする開運・波動グッズ4選! 願いが叶うクリスタル、財運が向上する八卦鏡、高波動プラチナフォトン

 広瀬学氏は、波動・スピリチュアルグッズの通信販売会社オプティマルライフ株式...

2023.01.20 13:00占い・開運

ミャンマーで本当にあった「幽霊の大引越し」事業とは? 軍がトラックで幽霊輸送… 霊障連発!のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで

人気記事ランキング17:35更新

トカナ TOCANA公式チャンネル