>  >  > 新約聖書は正しい! キリストが訪れたシナゴーグを発見!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント1

 イスラエル北部にあるガリラヤ地方の、人家から離れた荒地が続く郊外――。ガリラヤはイエス・キリストの初期の伝道地として有名だが、最近になり2000年ほど前のユダヤ人の会堂であるシナゴーグ跡が発見された。


■聖書の記述と一致! キリスト生存時代のシナゴーグ跡が初めて発見される

 これまでに発見されているシナゴーグは第二神殿時代と呼ばれる紀元前516年~紀元後70年の時代のものが多かったが、いずれももっと都市部に建設されていたもの。そして、イエスが生存していたとされる時代のシナゴーグはこれまでに発見されたことがなかった。

ruinsofasynagogue1.JPG
Daily Mail」の記事より

 新約聖書によると、イエスは都市部から郊外へと複数のシナゴーグを渡り歩き説法を施したとされる。今回発見されたシナゴーグは『イエスはガリラヤ湖周辺の村々で説教した』という聖書の記述を初めて裏付けるものであり、イエスの生涯を正確に描いた重要な証拠になりうるとして世界中から注目されているという。

 場所はティーバ山近郊のテル・リシェスと呼ばれる丘の頂上にある、ユダヤ人の村の一角。シナゴーグは極めて大きなサイズで、一部屋がおよそ8.8m×7.9mほどもあり、室内は石灰石で造られたベンチが並んでいた。

 発掘隊のリーダーを務める、現地キネレットカレッジの考古学者モルデハイ・アビアム博士は「おそらく西暦20~40年に建設されており、その後100年以上に渡って使用されていたと思われます」と語っており、だとすればキリストが生存していた時代に重なっている。

 このシナゴーグの名前は新約聖書に出てはこないが、実際にイエスが伝道していた地方の生活の様子を知る貴重な資料となり、キリスト教信者や新約聖書の研究者にとって貴重なものとなりそうである。

 ベンチや壁だけでなく、屋根を支えていたであろう大きな2本の支柱も発掘されているが、これはスペイン系ユダヤの流れをくむデザインで、人々が壁に沿うように座り、中心にいるトーラと呼ばれるユダヤ教の律法を説く者を囲むようになっているものだという。イエスは生前にこのような小さな田舎のシナゴーグを渡り歩き、旅を続けたのだろうか……。

関連キーワード

コメント

1:匿名2016年9月 4日 19:24 | 返信

シナゴーグが発見されたから新約聖書が事実だったという主張は
海底で核爆発の証拠が見つかったからゴジラが実在したという主張と同じようなもの
キリストの存在自体に何の証拠も見つかってないのが歴史的事実

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。