2016年2月

奇習! 山奥の神殿で裸の生娘とまぐわうナマハゲ風の男たち=秋田県

【日本奇習紀行 12】秋田県  窓の外を流れるその青く透き通った空の下で、けだるそうな面持ちで横たわる小高い山の稜線を横目で眺めながら、単線を走る車両の揺れに...

NEW 

【怪しい実験室】100均で紫外線発生装置を作る方法! 蛍光ペンがありえない光り方...

連載:燃やせ! 溶かせ!! 凍らせろ!!! アブナイ...

NEW 

「置いて行かないで…」エベレストに残る200体以上の遺体の意外な役目とは?

 エベレストといえば標高8,848メートル、ヒマラ...

NEW 

45億年前の巨大衝突「ジャイアント・インパクト」はもっと大きな衝突だった!? 月...

夜空に浮かぶ「月」は地球に衝突した原始惑星の破片でで...

NEW 

絶命した朝鮮人労働者たちの声なき声 ― 異様な冷気に満ちた「吉見百穴」、もうひと...

前回、ヒカリゴケの自生とコロポックル説という、ふたつ...

NEW 

アイヌ伝説の小人・コロポックルの棲家が埼玉に!? 希少植物・ヒカリゴケも自生する「吉見百穴」の神秘的奇観

小説『蝮のすゑ』などの著作で知られる第一次戦後派の作家・武田泰淳(1912~1976年)。彼は厳寒の北海道で海難事故にあった船の乗組員が、仲間の肉を喰らいながら...

NEW