【潜入取材】和歌山で「イルカ漁反対の団体」が超怪しげな暗闇ミサを実行していると判明! 捕鯨も反対”謎のクジラ水”でお祈りも

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント5

【やや日刊カルト新聞・藤倉善郎が徹底取材シリーズ!】

※反イルカ漁団体の怪しげなミサは5ページ目から掲載!

 にわか雨上がりの後の暑い日差しに青い空。車の窓からは深緑の水をたたえる入り江が見える。南国的なカラッとした風が心地よい。助手席に座るのが髭面の村田らむ氏(漫画家・イラストレーター)でなければ、完全にバカンス気分に浸っていたかもしれない。

 和歌山県の太地町は、イルカの追い込み漁でも知られる小さな漁港の町だ。かつて反捕鯨映画『ザ・コーヴ』の舞台にされ、反捕鯨団体「シー・シェパード」が繰り返しイルカ漁への監視や抗議のために乗り込んできた。これに対抗して右翼団体もやってくるようになった。イルカ漁が解禁される9月1日は例年、町は緊張した空気に包まれる。

 シー・シェパード関係者は現在、日本への入国が困難となっているというが、国際捕鯨委員会(IWC)を脱退した日本が7月から商業捕鯨を再開したばかりで、太地町からもイルカ追い込み漁とは別に商業捕鯨船が出ている。今年のイルカ漁解禁日はどういうことになるのか、現地に来てみた。


■家族連れに向かって抗議アピール

くじらの博物館前での抗議活動

 東京から太地町までは、仮眠時間を除いて車で10時間以上。遠い。

 イルカ漁解禁前日の8月31日の午後4時頃、観光客にとっての太地町の中心地「くじらの博物館」前に到着した。クジラやイルカの生態、進化の過程、古くからそれを獲って暮らしてきた太地町の人々の歴史や文化が展示されている博物館だ。イルカやクジラのショーも見ることができる。

 夏休み最後の週末とあって、家族連れの姿があった。その博物館の真ん前の歩道に、写真や文字がびっしりのパネルを何枚も並べている一群がいた。ハンドマイクで「(イルカの)家族を引き離してひどい苦痛を与えています」などと演説しているが、観光客たちからは概ね無視されている。

コメント

5:匿名 2019年9月13日 22:46 | 返信

汚らわしい肉食者め。
こんな記事書くくらい暇なんだな。
さすがは三流以下のゲテモノ誌だ。

4:匿名 2019年9月13日 19:45 | 返信

やっべーな、令和元年、夏の太地町でそんなことやってる奴らがいんのかいwww
オウムとハレルヤってwww インド哲学と一神教の妙なるマリアージュ! 聖☆おにいさんかよっ
きっとこんなんでカップル成立しちゃったりトンでもねーのが飛び出て来んだろうな、リア充だねーw
アニマルライツと右翼… 繋げるのはゴミ拾いとオマジナイの呪文… 過去だわ未来だわー
まあ子ども増やして一緒に食べ物に困ろう? やっぱり肉少なめで生きてける体質だと良いかもね
日本は少子化だが世界は食糧問題だから

3:匿名 2019年9月11日 23:20 | 返信

レプティリアンは人を食べるらしいけど、藤倉善郎は自分が食べられる時どう思うんだろう

2:匿名 2019年9月11日 11:12 | 返信

アニマルライツ(団体名じゃなく動物の権利の方ね)の意識はアメリカで高まっていて動物専門弁護士の育成も始まっているというニュースを見た
社会的弱者の枠に動物も組み込まれるということか

このアニマルライツの人々思ったより温和だった。もっと過激で攻撃的な人たちだとばかり
あと右翼も許可下りなかったらバーベキューやめるとか大人しくなったもんだな

1:匿名 2019年9月10日 23:41 | 返信

イルカを食べるなジャップ!
イヌを食べるなチョン!
ゴキブリ食うなシナ!
アジアの猿どもめ!ファック!

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。