幽霊になって復讐を遂げた有名殺人事件の犠牲者7選! 「脳を食い尽くされる」「血を流したシャロン・テート…」恐怖の目撃談!

 殺人事件で突然、そしてむごたらしく殺された人々。彼らの魂は、この世に霊としてとどまっているのだろうか――?


■シャロン・テート

幽霊になって復讐を遂げた有名殺人事件の犠牲者7選! 「脳を食い尽くされる」「血を流したシャロン・テート…」恐怖の目撃談!の画像1
女優シャロン・テートはチャールズ・マンソン率いるカルトのメンバーによって虐殺された 「Daily Star」の記事より

 シャロン・テート(26歳=当時、以下同)は、1969年にロサンゼルスの豪邸で、チャールズ・マンソン率いるカルトメンバーによって惨殺された。テートは、妊娠8カ月であった。

 他にもシャロンと一緒にいた友人のアビゲイル・フォルガー(25歳)、ボイテック・フリコウスキー(32歳)、ジェイ・セブリング(35歳)、スティーブン・ペアレント(18歳)も血祭りに上げられた。

 殺人者の一人、チャールズ・“テックス”・ワトソンは、「俺は悪魔で、悪魔の仕事をするためにここにいる」と、怯える被害者に告げたという。

 その後、惨殺事件の現場となった豪邸は取り壊されたが、ある女性は、かつてその家が建っていた辺りを歩く、血を流した妊婦の姿を見たと証言した。

 現場近くの家に住んでいたビジネスマンのデビッド・オマーンは、奇妙な声と足音を聞いたり、被害者のジェイの霊が自分のベッドの足元に立っていたのを見たともいう。

■黒い目の幽霊

幽霊になって復讐を遂げた有名殺人事件の犠牲者7選! 「脳を食い尽くされる」「血を流したシャロン・テート…」恐怖の目撃談!の画像2
マーガレット・レイノルズ(左)とダイアナ・ティフト(右) 「Daily Star」の記事より

 1960年代の英国で、まだ幼い女の子が車に乗せられ、その後、姿を消すという事件が続いた。まず1966年に、スタッフォードシャー郡の田園地帯であるカノックチェースの森で、2体の遺体が発見された。それは6歳のマーガレット・レイノルズと5歳のダイアナ・ティフトであった。

 そして事件の1年後には、7歳のクリスティン・ダービーの遺体が近くで発見された。女の子たちは首を絞められ、性的暴行を受けていた。

 大規模な捜査の後、39歳のレイモンド・レスリー・モリスが逮捕された。彼はクリスティンの殺人のみで有罪判決を受け、終身刑を宣告されたが、他の2人の殺害についても容疑者とされていた。

 殺害以来数十年が経つ今でも、カノックチェイスでは、黒い目を持つ子どもたちの霊が、しばしば目撃されている。中には、助けを求める叫び声を聞いた者もいる。

 霊の目撃者の一人であるミシェル・メイソンは、謎の子どもの写真を森の近くで撮ったといい、別の目撃者トム・バックマスターは、白い服を着た子どもの幽霊を撮影したと証言している。

幽霊になって復讐を遂げた有名殺人事件の犠牲者7選! 「脳を食い尽くされる」「血を流したシャロン・テート…」恐怖の目撃談!のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで

トカナ TOCANA公式チャンネル