>  >  > 23年間冷凍された精子で受精・出産

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
関連キーワード:

不妊治療

,

人工授精

,

保存

,

冷凍

,

精子

,

高夏五道

 冷凍庫の中で忘れられてしまった冷凍食品を発見し、賞味期限が過ぎてはいるが大丈夫だろうと食べて、あまりおいしくなかった思いをした経験は誰しもあるだろう。いくら冷凍されているとはいえ、その保存は半永久的ではないということを思い知らされ。しかし今月11日、なんと23年前に冷凍保存された精子からの人工授精、出産に成功したという驚くべき事実が、イギリスの「Mirror紙」によってレポートされている。


■がんの化学療法を受ける前に精子を冷凍保存

baby1223.jpg
画像は、Mirrorより。生まれた赤ちゃん

 今回ギネスの世界記録保持者として登録されたザビエル・パウエルちゃんは、まだ生後6カ月。冷凍保存期間が世界最長の23年という精子から生まれたという記録の保持者として認定されることになった。オーストラリア出身の父親アレックス・パウエルさんが15の歳の時に保存した精子からの誕生である。

 父親のアレックスさんは15歳の時に、非常な稀な癌であるホジキンリンパ腫と診断された。すぐにでも化学療法を開始しなければ命の危険性もああったが、その化学療法はアレックスさんの生殖能力を著しく犯す可能性も高かった。そこで、副作用を心配したアレックスさんの継母の勧めもあって、精子を採取し冷凍保存することを決心した。

関連キーワード

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。