ノートルダム大聖堂に棲み付く亡霊5選! 鍵屋の地縛霊、呪われたドア、飛び降り少女… 火災で皆どこへ!?

ノートルダム大聖堂に棲み付く亡霊5選! 鍵屋の地縛霊、呪われたドア、飛び降り少女… 火災で皆どこへ!?の画像1
画像は「Mysterious Universe」より引用

 15日午後7時ごろ、フランス・パリのノートルダム大聖堂で火災が発生し、世界中から悲鳴があがっている。

 ノートルダム大聖堂は1163年に着工が開始され、1225年に完成した歴史ある建造物である。宝物庫には聖遺物である「いばらの冠」や「ルイ9世のチュニック」など貴重品が保管されていたが、これらは無事だったそうだ。

 これだけ歴史のある建物であるから、心霊現象にも事欠かない。「Mysterious Universe」(4月16日付)によると、12世紀にはすでにその手の話があったという。当時、ひとりの鍵屋の男が大聖堂中の鍵を取り付ける仕事を受け持った。しかし、この男は責任の重大さに耐え切れなくなり悪魔に助けを求めたという。無事に彼は仕事を完遂することができたが、その数日後に死んでしまった。そして彼の亡霊は地縛霊として今でも大聖堂にいるそうだ。

ノートルダム大聖堂に棲み付く亡霊5選! 鍵屋の地縛霊、呪われたドア、飛び降り少女… 火災で皆どこへ!?の画像2
画像は「YouTube」より引用

 13世紀にも同様の話がある。ひとりの鍛冶屋の男が大聖堂のドアの装飾を任された。しかし、失敗できない仕事の重圧から彼は悪魔に魂を売ることを選んだ。悪魔は男の魂と引き換えに完璧な装飾を施した。これで悪魔は男の命を奪うはずだった。しかし、完成したドアのお披露目の日、司祭がドアを聖水で清めたところ、鍛冶屋の呪いは瞬く間に解けてしまったという。このドアは「呪われたドア」と呼ばれ今も大聖堂に存在すると言われている。

人気連載

青酸カリで人を殺すのは意外と難しい。推理小説のトリックは概ね間違いだった!?

青酸カリで人を殺すのは意外と難しい。推理小説のトリックは概ね間違いだった!?

【ヘルドクター・クラレの毒薬の手帳 第1回、青酸カリ/後編】  ※本記事は2...

2024.02.07 08:00科学
【毒薬の手帳】ググっても出てこない、青酸カリの本当の話

【毒薬の手帳】ググっても出てこない、青酸カリの本当の話

本記事は2015年に掲載された記事の再掲です。 【ヘルドクター・クラレの毒薬の...

2024.02.06 08:00科学
九州地方で正月に行われていた飲尿儀式の伝統があった!?

九州地方で正月に行われていた飲尿儀式の伝統があった!?

※本記事は2018年の記事の再掲です。 【日本奇習紀行シリーズ】 九州地方 ...

2023.12.30 08:00奇妙
神の啓示で建てられた謎のビル「東京媽祖廟」に潜入=新大久保

神の啓示で建てられた謎のビル「東京媽祖廟」に潜入=新大久保

今夜21時からの『世界ふしぎ発見!』(TBS系)は、国内テレビ初取材となる台湾の...

2023.04.22 07:00スポット
南海トラフ地震は2025年ではない!? 和歌山県と伊豆半島が…危機を乗り越える3つの波動グッズ

南海トラフ地震は2025年ではない!? 和歌山県と伊豆半島が…危機を乗り越える3つの波動グッズ

不思議ジャーナリスト・広瀬学が渋谷クロスFMのラジオ番組のレギュラー出演者にな...

2024.02.20 14:00スピリチュアル

ノートルダム大聖堂に棲み付く亡霊5選! 鍵屋の地縛霊、呪われたドア、飛び降り少女… 火災で皆どこへ!?のページです。などの最新ニュースは好奇心を刺激するオカルトニュースメディア、TOCANAで

トカナ TOCANA公式チャンネル

人気記事ランキング11:35更新