「日本の悪魔祓い」現場にまじで2回遭遇した専門家に徹底インタビュー! 老婆が発狂、のたうち回り、声が激変…その時どうする!?

「日本の悪魔祓い」現場にまじで2回遭遇した専門家に徹底インタビュー! 老婆が発狂、のたうち回り、声が激変…その時どうする!?の画像1
画像は「getty images」より引用

 古来より「悪魔憑き」現象は世界各地で報告されている。本来、悪魔祓いは特別な訓練を受けたエクソシストによってのみ行われる。しかし、悪魔の標的は普通の人々なのだ。いつ誰が狙われてもおかしくはない。もし悪魔に狙われてしまったら、もし悪魔祓いを自分がしなくてはならない状況に陥ったならば、どうすればよいのか。「悪魔祓い」の現場に遭遇したという宗教・オカルトの専門家・神ノ國ヲに聞いた。

――いつ悪魔と遭遇しましたか?

(神ノ國ヲ)今までに二回だけ、悪魔祓いの現場に遭遇したことがあります。一度目は、観光で行った沖縄です。沖縄はユタの伝統もありますし、霊的なものに対する畏敬の強い土地です。米軍関係者の紹介で、たまたま現地教会の礼拝に参加していました。たしか1998年2月か3月でした。

 その日は、来日中の有名牧師の講演会が予定されていました。礼拝が終わって昼頃、報告の時間になると、有名牧師が突然マイクを奪って、教会堂にいる人々に通訳を介して聞くんです。「皆さんの中に、耳が聞こえづらいとか、最近どうにも体調がおかしい人はいませんか、何かおかしい感じがします、その人のために祈りたいと思います」と。地方にある教会なんて、そりゃ老人ばかりですから、当然だろうと思いました。

 何人かが手を上げて、牧師がその人のために祈る。これが繰り返されて最後の人になって、異変が起きました。少し腰が曲がった、小さなお婆さんが手を上げて「最近、耳の聞こえが悪くて」と言う。先ほどまでと同様に、皆が目を閉じて、牧師が祈り始めた直後、マイクが床に落ちる音がして、男の叫び声が礼拝堂に響きました

「日本の悪魔祓い」現場にまじで2回遭遇した専門家に徹底インタビュー! 老婆が発狂、のたうち回り、声が激変…その時どうする!?の画像2
画像は「getty images」より引用

 驚いて目を開けると、あの小さなお婆さんが男の声で怒鳴り、牧師や教会を罵りながらイスを持ちあげて放り投げたんです。目の前の現実に理解が追いつきませんでした。

 さらに驚いたのが、教会の人たちの対応です。数名の男性が暴れ喚くお婆さんを押さえて、他の信徒さんたちは、老婆を中心に円で囲って祈り始めたんです。しばらして「イエスの名によって命じる、退け!」と牧師が老婆の背中を叩くと、彼女は我に返ったようでした。まさしく「悪魔祓い」でした。

関連キーワード

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ