「3年後に次のパンデミック」ビル・ゲイツ予言! さらなるワクチン開発を叫ぶゲイツと“ジョブスの面影”! ケロッピー前田がゲイツの目的を完全解説

「パンデミック到来に備えよ!」と、2015年にビル・ゲイツは予言した。

 そして、それは現実となり、人類は新型コロナウイルスの猛威に侵され続けている。ワクチンこそが唯一の解決策と喧伝され、世界各国は巨額を投じて開発競争は加熱するばかりだ。だが、それさえもゲイツのシナリオ通りではないか?

 そもそも医学の専門家でもない、マイクロソフトのウィンドウズで世界トップの億万長者となったビル・ゲイツが、なぜこれほどにパンデミックやワクチン開発に口を挟みたがるのか?

 マイクロチップ、ID2020、人口操作、人類の健康支配、ネットで増殖し続ける陰謀論の源泉となってきたビル・ゲイツの正体に迫る!

 ケロッピー前田がカウンター視点で巷のニュースを相対化、いまを生き抜くためのヒントやアイディアをお届けしたい。合言葉はひとつ、ただひたすらに生き残れ!

 大好評だった「新型コロナウイルスの時代」の第3部を今後数回にわたって連載する。

<過去の記事> 

【緊急特報】米大統領選オクトーバー・サプライズ
【緊急特報】まだまだ終わらない!怒涛の法廷闘争へ!

・集中連載(3)

【第1回】ビル・ゲイツとワクチン
【第2回】ビル・ゲイツとマイクロチップ
【第3回】ビル・ゲイツと人口削減

・集中連載(2)

【第1回】ディープステートの正体
【第2回】2016年大統領選ヒラリーの私用メール
【第3回】ヒラリーの私用メール問題がトランプを勝たせた
【第4回】セス・リッチ射殺事件とロシアゲート
【第5回】拡大するQアノン運動
【緊急特報】米中戦争勃発!亡命学者の大暴露!
【対談編・前編】ヒラリーの逮捕
【対談編・後編】パンデミックの収束はいつ?

・集中連載(1)

【第1回】ビル・ゲイツの予言
【第2回】パンデミック演習「イベント201」
【第3回】武漢ウイルス研究所とは何か?
【第4回】「プランデミック」の賛否
【第5回】武漢フレンチコネクション
【対談編・前編】トランプが陰謀を挫いた
【対談編・後編】ディープステートvsトランプ

画像は「Getty Images」より引用

【集中連載(3)第4回】ビル・ゲイツとスティーブ・ジョブズ

 新型コロナウイルスのパンデミックの到来によって、ビル・ゲイツが十数年に渡って巨額を投じてきたワクチン開発が突如として世界のトップニュースに躍り出た。

 ファイザー社、モデルナ社、アストラゼネカ社と、トランプ大統領の「ワープ・スピード作戦」によって、開発を急いでいたコロナワクチンが軒並み、臨床試験を終了している。その先頭を走るファイザー社は、アメリカではすでにFDA(アメリカ食品医薬品局)承認済みで早々に接種を始めている。ペンス副大統領がファイザー社のワクチンを接種する映像は日本でも報道された(テレビ朝日、12月19日付)。

 これでやっとパンデミックの恐怖から人類は解放されると言いたいところだが、当のゲイツは「今後数年の間に人類は次なるパンデミックの勃発に直面する」と相変わらず、恐怖を煽り続けている。
「今度はあれほどのヘマをしない」と言いながらも、次なるパンデミックが「3年後に始まる可能性を度外視すべきではない」と強調し、その場合は「各国は早急に検疫体制を導入するだろう」と断言する(Sputnik News、11月23日付)。

 今年12月、ゲイツは、「TiE地球サミット2020」で特別功労賞を受賞、ますますご満悦の様子である。コロナワクチン開発にさらに2.5億ドルを拠出することを発表し(abc News、12月11日付)、その総額は17.5億ドル(約1821億円)に達している。とはいえ、パンデミックの帝王のように偉そうに諭されると、「おまえが仕組んだんじゃないのか!」と文句を言いたくなってくる。

 実際のところ、慈善家となる以前のゲイツは嫌われ者だった。優秀な頭脳を持ちながらも、過剰な独占欲は天才プログラマーとしてコンピュータ業界にデビューした頃から、多くのユーザーから嫌われていた。

 その逸話として有名なのが、1976年、ゲイツが発表した「ホビイストたちへの公開状(Open Letter to Hobbyists)」というテキストである。

画像は「Wikimedia Commons」より引用

 ここでいう「ホビイスト(趣味人)」とは当時のコンピュータ・ユーザーのこと。70年代、コンピュータ・プログラムは「ホビー(趣味)」のひとつであり、一部のホビイストたちがプログラムを作り、仲間たちとフリー(無料)で共有するのが普通だった。だが、ゲイツは、プログラムを作る苦労を考えれば、使用料を支払うのは当然だろうというのだ。

 現在でもコンピュータ・ユーザーの間で「オープンソース」という言葉が使われるが、コンピュータの黎明期、その小さな共同体は原始共産制で、あらゆる情報はフリーで共有されていた。ビル・ゲイツは、フリーを前提にした初期のコンピュータの世界に「著作権」と「使用料」を持ち込み、ビジネスの戦場へと変えてしまった張本人なのである。

 それに対して、スティーブ・ジョブズは、コンピュータを幅広いユーザーに解放することを目指してきた。ゲイツの「ホビイストたちへの公開状」に対するジョブズからの回答は「(ハードウェアを買ってくれれば)Apple Basic is Free!(アップルのBASICソフトは無料)」というものであった。

画像は「A Visual History of Apple Ads: 4 Decades in the Making」より引用

 確かに、ゲイツはソフトウェア、ジョブズはハードウェアからそれぞれ出発したわけだが、ジョブズという優れたライバルがいたからこそ、ゲイツもソフトウェアという分野で凌ぎを削り、ジョブズと双極をなす存在としてコンピュータという新たなジャンルを一般に広めていけたと思うのだ。

 ここでは、ゲイツとジョブズとの関わりを追うことから、ジョブズ(2011年没)亡きあと、ますますワクチン開発とデジタルIDの普及に熱中するゲイツに隠された正体を暴いていきたい。

「3年後に次のパンデミック」ビル・ゲイツ予言! さらなるワクチン開発を叫ぶゲイツと“ジョブスの面影”! ケロッピー前田がゲイツの目的を完全解説のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで

トカナ TOCANA公式チャンネル