【ビル・ゲイツと人口削減】野心の背後にあるものは何か?コロナワクチンと健康支配で人類を牛耳る…ファクトだけで真実に迫る(ケロッピー前田解説)

「パンデミック到来に備えよ!」と、2015年にビル・ゲイツは予言した。

 そして、それは現実となり、人類は新型コロナウイルスの猛威に侵され続けている。ワクチンこそが唯一の解決策と喧伝され、世界各国は巨額を投じて開発競争は加熱するばかりだ。だが、それさえもゲイツのシナリオ通りではないか?

 そもそも医学の専門家でもない、マイクロソフトのウィンドウズで世界トップの億万長者となったビル・ゲイツが、なぜこれほどにパンデミックやワクチン開発に口を挟みたがるのか?

 マイクロチップ、ID2020、人口操作、人類の健康支配、ネットで増殖し続ける陰謀論の源泉となってきたビル・ゲイツの正体に迫る!

 ケロッピー前田がカウンター視点で巷のニュースを相対化、いまを生き抜くためのヒントやアイディアをお届けしたい。合言葉はひとつ、ただひたすらに生き残れ!

 大好評だった「新型コロナウイルスの時代」の第3部を今後数回にわたって連載する。

<過去の記事> 

【緊急特報】米大統領選オクトーバー・サプライズ
【緊急特報】まだまだ終わらない!怒涛の法廷闘争へ!

・集中連載(3)

【第1回】ビル・ゲイツとワクチン
【第2回】ビル・ゲイツとマイクロチップ

・集中連載(2)

【第1回】ディープステートの正体
【第2回】2016年大統領選ヒラリーの私用メール
【第3回】ヒラリーの私用メール問題がトランプを勝たせた
【第4回】セス・リッチ射殺事件とロシアゲート
【第5回】拡大するQアノン運動
【緊急特報】米中戦争勃発!亡命学者の大暴露!
【対談編・前編】ヒラリーの逮捕
【対談編・後編】パンデミックの収束はいつ?

・集中連載(1)

【第1回】ビル・ゲイツの予言
【第2回】パンデミック演習「イベント201」
【第3回】武漢ウイルス研究所とは何か?
【第4回】「プランデミック」の賛否
【第5回】武漢フレンチコネクション
【対談編・前編】トランプが陰謀を挫いた
【対談編・後編】ディープステートvsトランプ

画像は「Getty Images」より引用


【集中連載(3)第3回】ビル・ゲイツと人口削減

 新型コロナウイルスの第3波が襲っているというタイミングで、ワクチン治験終了というニュースが世界を駆け巡った。

 11月18日、ワクチン開発で「フェーズ3(臨床試験)」に入っていた米国製薬会社ファイザー社が、ドイツのビオンテック社と共同開発していたワクチンの治験最終分析で95%の有効性が示されたと発表した。

 続く25日には、米モデルナ社が数日中に最終結果が出ると速報した。2社ともにアメリカに拠点を持つ企業で、トランプ政権の「ワープ・スピード作戦」が功を奏した形だ。この作戦は、有望な6種の開発中のワクチンを事前購入することで研究資金を助け、治験終了後に敏速な接種開始を可能にしようというもの。トランプ大統領は、ファイザー社のワクチンを12月第1週から接種可能にしようとしている。FDAは、12月10日から段階的な使用を提案している。

 ちなみに「ワープ・スピード作戦」における有望な6種のワクチンとは、今回治験終了となる「ファイザー社」と「モデルナ社」はともにmRNAワクチン、「ノヴァヴァックス社」と「サノフィ(仏)・グラクソ・スミスクライン(英国)」の共同開発はタンパク質ベースのワクチン、さらに「アストラゼネカ社(英国:オックスフォード大学と共同)」と「ジョンソン&ジョンソン社」は遺伝子操作によるウイルスベクターワクチンである。

 ちなみに、「アストラゼネカ社」と「ジョンソン&ジョンソン社」は臨床段階で問題が起きたという報道があったことは前回紹介している。

 とはいえ、11月27日、英政府が「アストラゼネカ社」のワクチンについての審査を申請したとの報道もあった。

 もちろん、ここでロシアが独自に開発したコロナワクチン「スプートニクV」も承認ワクチンのリストに名を連ねることとなる。ロシアは11月10日に治験終了間近の報道をしていたが、ファイザー社やモデルナ社に追従する形で、有効性95%、価格は10ドル以下、ロシア国民には無償提供として、改めてニュースとなった。インドやアフリカなどへの供給が決定しているという報道もあるが、一方で安全性や有効性に対する疑問の声もある。

 さらに11月半ばというタイミングで、来年2021年の東京オリンピック開催問題に絡み、IOCバッハ会長が来日した。中止の噂もあるが、現状では開催を前提として、選手へのワクチン接種などが議題に上っていた。ファイザー社やモデルナ社のワクチン治験終了のニュースは、オリンピック関係者には朗報であったろう。

 とにかく、コロナワクチンの問題は、前回までの連載で見てきた通り、安全性が必ずしも保証されていないこと(緊急性を重視して製薬会社は後遺症に対する免責となっている)、それでいて接種が半ば強制される可能性があること(日本政府は全国民分のワクチンをアストラゼネカ社にあらかじめ契約済みで接種は無償になるという)である。

 COVID-19に感染するもの困るが、感染予防の目的のワクチン接種で副作用が出たらたまらない。治療薬よりもワクチンばかりがニュースを賑わすのも、ビル・ゲイツの思う壺ではないか。

【ビル・ゲイツと人口削減】野心の背後にあるものは何か?コロナワクチンと健康支配で人類を牛耳る…ファクトだけで真実に迫る(ケロッピー前田解説)のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで

トカナ TOCANA公式チャンネル