【インタビュー】ビル・ゲイツがワクチン開発にこだわる本当の理由! パンデミックやメディア統制の背後にいる中国共産党は21世紀のナチスか? ケロッピー前田が徹底解説!

「パンデミック到来に備えよ!」と、2015年にビル・ゲイツは予言した。

 そして、それは現実となり、人類は新型コロナウイルスの猛威に侵され続けている。ワクチンこそが唯一の解決策と喧伝され、世界各国は巨額を投じて開発競争は加熱するばかりだ。だが、それさえもゲイツのシナリオ通りではないか?

 そもそも医学の専門家でもない、マイクロソフトのウィンドウズで世界トップの億万長者となったビル・ゲイツが、なぜこれほどにパンデミックやワクチン開発に口を挟みたがるのか?

 マイクロチップ、ID2020、人口操作、人類の健康支配、ネットで増殖し続ける陰謀論の源泉となってきたビル・ゲイツの正体に迫る!

 ケロッピー前田がカウンター視点で巷のニュースを相対化、いまを生き抜くためのヒントやアイディアをお届けしたい。合言葉はひとつ、ただひたすらに生き残れ!

 大好評だった「新型コロナウイルスの時代」の第3部を今後数回にわたって連載する。

<過去の記事> 

【緊急特報】米大統領選オクトーバー・サプライズ
【緊急特報】まだまだ終わらない!怒涛の法廷闘争へ!

・集中連載(3)

【第1回】ビル・ゲイツとワクチン
【第2回】ビル・ゲイツとマイクロチップ
【第3回】ビル・ゲイツと人口削減

・集中連載(2)

【第1回】ディープステートの正体
【第2回】2016年大統領選ヒラリーの私用メール
【第3回】ヒラリーの私用メール問題がトランプを勝たせた
【第4回】セス・リッチ射殺事件とロシアゲート
【第5回】拡大するQアノン運動
【緊急特報】米中戦争勃発!亡命学者の大暴露!
【対談編・前編】ヒラリーの逮捕
【対談編・後編】パンデミックの収束はいつ?

・集中連載(1)

【第1回】ビル・ゲイツの予言
【第2回】パンデミック演習「イベント201」
【第3回】武漢ウイルス研究所とは何か?
【第4回】「プランデミック」の賛否
【第5回】武漢フレンチコネクション
【対談編・前編】トランプが陰謀を挫いた
【対談編・後編】ディープステートvsトランプ

画像は「Getty Images」より引用

【対談編・前編】ゲイツが寄り添う中国共産党は21世紀のナチス

――アメリカ大統領選挙が大変なことになってます!

ケロッピー「1月6日、連邦議会上下合同議会の選挙人票の開票で、トランプの再選が確定すると期待していた人たちにとっては大きなショックでしょう。僕自身もただただ唖然とするばかりだった」


――ペンス副大統領の裏切りはシーザーを思い起こさせます。

ケロッピー「連載でリサーチしてきたことに沿って返答するならトランプが挑んだディープステートと呼ばれるものはあまりにも強大すぎたんじゃない。ペンスが裏切る可能性については、トランプチームの弁護士リン・ウッドやマイク・ポンペオ国務長官もツイッターでほのめかしていたから」

 

Pence Prepares to Flee Country

 

――バイデンが大統領になったら、中国共産党が日本にもどんどん侵食してきそうです!

ケロッピー「ビル・ゲイツは中共ともかなり仲良しなんだよね」(ソース)(ソース

 

――怖いですね。トランプが大統領を辞したら、ビル・ゲイツと中国共産党を止められる人がいない!

ケロッピー「そうなんだよね。今回のパンデミックで、まず第一の疑問は、億万長者のゲイツが、なぜこれほどワクチン開発に熱心なのかってこと。世界一の金持ちになった人物が財団を作って慈善家を名乗るというのは、過去に石油王ロックフェラーがやってきたことではあるんだけど」

 

――IT業界の億万長者から世界にワクチンを広める慈善家へ、ギャップがあり過ぎてびっくりでした! 結局、全然人助けしてないし…

ケロッピー「確かにそう。途上国で緊急に必要なのは飲料水や食糧、医者による治療や薬でしょう。でも、ゲイツは相手が欲しがってもいない新しいワクチンを持ってきて、接種を強制してくるという」

 

――人体実験ですよ。でも、コロナワクチンで私たちが直面している問題もまったく同じ、ワクチンのモルモットにされちゃいそうです。

ケロッピー「ロックフェラーの場合は優生学にハマって、それを実践的に推進するヒトラーを支援して、ナチスを育てちゃったんだよ。そんな危ないロックフェラーをゲイツが見習っているのはいかがなものかと」

――そうですね~、不気味ですよね。

ケロッピー「中国共産党が21世紀のナチスに見えてきちゃうよね。ウイグル人に対するジェノサイドもあるし」(Newsweek、7月16日付

――先日も中国人民解放軍が遺伝子操作によるスーパーソルジャーを作ろうとしているというニュースがありました!(Yahoo! ニュース、12月10日付

ケロッピー「テクノロジー主導でやっていくと、安全性とか、倫理的な問題とかどこかに行っちゃうんだよね。日本の人にとっては、アメリカ大統領選挙なんて関係ない、トランプでもバイデンでもどっちでもいい、と思っている人もいるかもしれないけど、中国共産党が21世紀のナチスだとしたら、その台頭を容認してはいけないと思うんだよね。ビル・ゲイツって、すごく優秀な人なのに、権力にすり寄ってしまうところがあって、いつの間にか、中国共産党やディープステートの宣伝塔になってしまっているように見えるんだよ」

――本人は自覚しているんでしょうかね?

ケロッピー「ゲイツはわかってやっているでしょう。でも、この問題って、ゲイツだけのことじゃなくて、億万長者の人たちが世の中をよくしようと考えると、自分たち以外の大多数の人たちはダメ人間に見えるというか、奴隷化してしまう危険性があるんだよね」

――まさにそうですね!

人気連載

人皮装丁本、人骨ラッパ、原爆ダーツ、死後写真… 怪しい古書店「書肆ゲンシシャ」店主が明かす超絶コレクションの秘密とは?

人皮装丁本、人骨ラッパ、原爆ダーツ、死後写真… 怪しい古書店「書肆ゲンシシャ」店主が明かす超絶コレクションの秘密とは?

――【連載】驚異の陳列室「書肆ゲンシシャ」が所蔵する想像を超えたコレクションを徹...

2022.09.13 14:00日本
【沖縄知事選】琉球独立派と中国の深すぎる闇とは? 「一帯一路に沖縄活用」危うい実態をジェームズ斉藤が解説!

【沖縄知事選】琉球独立派と中国の深すぎる闇とは? 「一帯一路に沖縄活用」危うい実態をジェームズ斉藤が解説!

【連載:某国諜報機関関係者で一切の情報が国家機密扱いのジェームズ斉藤(@Jame...

2022.09.10 18:00日本
プーチンの側近ドゥーギンの娘爆殺は「生贄」だった! 驚愕の真犯人と謀略、“日本人の理解を超えた構図”をジェームズ斉藤が緊急解説

プーチンの側近ドゥーギンの娘爆殺は「生贄」だった! 驚愕の真犯人と謀略、“日本人の理解を超えた構図”をジェームズ斉藤が緊急解説

【連載:某国諜報機関関係者で一切の情報が国家機密扱いのジェームズ斉藤(@Jame...

2022.08.26 19:00海外
“プーチンの頭脳”ドゥーギンの娘爆殺をめぐる恐ろしい謎とは? 逃走経路、奇妙な追悼文… 今後の展開をジェームズ斉藤が解説!

“プーチンの頭脳”ドゥーギンの娘爆殺をめぐる恐ろしい謎とは? 逃走経路、奇妙な追悼文… 今後の展開をジェームズ斉藤が解説!

【連載:某国諜報機関関係者で一切の情報が国家機密扱いのジェームズ斉藤(@Jame...

2022.08.23 19:00海外
30歳若返る液体、酔わないマドラー、奇跡を起こす石… 究極の応用波動技術を徹底取材! 有名人が殺到する最強アイテムの秘密とは?

30歳若返る液体、酔わないマドラー、奇跡を起こす石… 究極の応用波動技術を徹底取材! 有名人が殺到する最強アイテムの秘密とは?

不思議ジャーナリストの広瀬学氏は、科学では解明できないこの世の不思議を探求し続け...

2022.09.20 13:00異次元

【インタビュー】ビル・ゲイツがワクチン開発にこだわる本当の理由! パンデミックやメディア統制の背後にいる中国共産党は21世紀のナチスか? ケロッピー前田が徹底解説!のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで

トカナ TOCANA公式チャンネル