【インタビュー】ワクチン開発ばかりか、デジタル監視も推し進めるビル・ゲイツ!ダボス会議「グレートリセット」の本音は? ケロッピー前田が徹底解説!

「パンデミック到来に備えよ!」と、2015年にビル・ゲイツは予言した。

 そして、それは現実となり、人類は新型コロナウイルスの猛威に侵され続けている。ワクチンこそが唯一の解決策と喧伝され、世界各国は巨額を投じて開発競争は加熱するばかりだ。だが、それさえもゲイツのシナリオ通りではないか?

 そもそも医学の専門家でもない、マイクロソフトのウィンドウズで世界トップの億万長者となったビル・ゲイツが、なぜこれほどにパンデミックやワクチン開発に口を挟みたがるのか?

 マイクロチップ、ID2020、人口操作、人類の健康支配、ネットで増殖し続ける陰謀論の源泉となってきたビル・ゲイツの正体に迫る!

 ケロッピー前田がカウンター視点で巷のニュースを相対化、いまを生き抜くためのヒントやアイディアをお届けしたい。合言葉はひとつ、ただひたすらに生き残れ!

 大好評だった「新型コロナウイルスの時代」の第3部を今後数回にわたって連載する。
<前編はこちら>

<過去の記事> 

【緊急特報】米大統領選オクトーバー・サプライズ
【緊急特報】まだまだ終わらない!怒涛の法廷闘争へ!

・集中連載(3)

【第1回】ビル・ゲイツとワクチン
【第2回】ビル・ゲイツとマイクロチップ
【第3回】ビル・ゲイツと人口削減
【対談前編】ビル・ゲイツがワクチン開発にこだわる本当の理由!

・集中連載(2)

【第1回】ディープステートの正体
【第2回】2016年大統領選ヒラリーの私用メール
【第3回】ヒラリーの私用メール問題がトランプを勝たせた
【第4回】セス・リッチ射殺事件とロシアゲート
【第5回】拡大するQアノン運動
【緊急特報】米中戦争勃発!亡命学者の大暴露!
【対談編・前編】ヒラリーの逮捕
【対談編・後編】パンデミックの収束はいつ?

・集中連載(1)

【第1回】ビル・ゲイツの予言
【第2回】パンデミック演習「イベント201」
【第3回】武漢ウイルス研究所とは何か?
【第4回】「プランデミック」の賛否
【第5回】武漢フレンチコネクション
【対談編・前編】トランプが陰謀を挫いた
【対談編・後編】ディープステートvsトランプ

画像は「Getty Images」より引用

【対談編・後編】ゲイツにはジョブズが必要

――トランプ大統領の「ワープスピード作戦」の成果で、アメリカではファイザー社とモデルナ社のコロナワクチン接種が始まっています。

ケロッピー「早速、ジェームズ・コーベットが最新のワクチンについての動画をアップしているね。ファイザー社のmRNAワクチンは、従来のワクチンとは全く異なるメカニズムで作用するものと強調している。だから、十分な臨床試験を経ずに一般接種を始めている今回のケースは、この先どんな副作用が出るかはわからないと手厳しいね」

――パンデミック以降、ビル・ゲイツといえばワクチンというイメージになっちゃってますけど、もともとはスティーブ・ジョブズのライバルとしてIT界をけん引してきた時代が長いですよね。

ケロッピー「そうそう。ビル・ゲイツは、常にスティーブ・ジョブズと比較されてきたんだよ。わかりやすくは、ジョブズはヒッピーで、大学をドロップアウトしてインドを放浪し、身勝手な自由人なんだけど、感性が優れていて、パーソナルコンピューターを一般の人たちに解放しようという夢を追い続けたんだ。さらにiPhoneを生み出してスマホの時代まで作っちゃったけどね」

――ジョブズが2011年に56歳で亡くなったって、すごく惜しいですよ。長生きしていれば、もっと凄いものを作れそうだったのに。

ケロッピー「誰もがそう思っているでしょう。一方、ゲイツは日本語でいえばオタク、英語だとナード(nerd)とかギーク(geek)とか言われるけど、その言葉のイメージに収まりきれないところもあって。なぜなら、ゲイツは天才的なプログラマーでガリ勉のコミュ障ではあるけど、裕福な家庭で育って経営や法律にも詳しく、コンピューターのソフトウェアの業界をどんどん独占していったわけじゃない」

――確かにやり手な感じはありますね。

ケロッピー「1977年、ジョブズはパーソナルコンピューターの原型となるApple IIを出した時点で、すでに業界のスター的な存在になっていたわけじゃない。それに対して、ゲイツは大型コンピューターメーカーとして最大手だったIBMがパーソナルコンピューターを発売しようとしたときにすり寄って、そのOSを作ることになるんだよね。そこには裏話もあって、ゲイツの母親はIBM会長と知り合いだったという。つまり、ゲイツがIBMの大仕事を任されたのはコネだったと

――そういうことありますよね。

ケロッピー「そのあと、ジョブズに頼まれて、マッキントッシュのOSもゲイツが作ることになるけど、そのときにマックのOSをパクって作ったのがのちのウィンドウズだったから」

――ええ、そうなんですか!

ケロッピー「当時、GUI(グラフィックユーザーインターフェイス)と呼ばれていたものをうまく金儲けに結びつけたのがゲイツだったともいえる。実際、GUIはもともとゼロックスのAltoが最初だったと言われている」

――なるほど。

ケロッピー「その後、ジョブズがアップル社から一時期追い出されて、舞い戻ったときには倒産寸前だったんだ。そのとき、ジョブズはゲイツに平気で大金を出させて、再建していくんだ」

――歪な関係ですね!

ケロッピー「2007年にはジョブズはiPhoneを発表してスマホの時代を開くわけじゃない。きっとゲイツはすごく悔しかったんじゃないかな」

――そうですね。

【インタビュー】ワクチン開発ばかりか、デジタル監視も推し進めるビル・ゲイツ!ダボス会議「グレートリセット」の本音は? ケロッピー前田が徹底解説!のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで

トカナ TOCANA公式チャンネル