【ビル・ゲイツとグレート・リセット完全解説】ダボス会議で世界の権力者と富裕層が話し合う内容とは? 地球環境まで人工操作…ケロッピー前田

「パンデミック到来に備えよ!」と、2015年にビル・ゲイツは予言した。

 そして、それは現実となり、人類は新型コロナウイルスの猛威に侵され続けている。ワクチンこそが唯一の解決策と喧伝され、世界各国は巨額を投じて開発競争は加熱するばかりだ。だが、それさえもゲイツのシナリオ通りではないか?

 そもそも医学の専門家でもない、マイクロソフトのウィンドウズで世界トップの億万長者となったビル・ゲイツが、なぜこれほどにパンデミックやワクチン開発に口を挟みたがるのか?

 マイクロチップ、ID2020、人口操作、人類の健康支配、ネットで増殖し続ける陰謀論の源泉となってきたビル・ゲイツの正体に迫る!

 ケロッピー前田がカウンター視点で巷のニュースを相対化、いまを生き抜くためのヒントやアイディアをお届けしたい。合言葉はひとつ、ただひたすらに生き残れ!

 大好評だった「新型コロナウイルスの時代」の第3部を今後数回にわたって連載する。

<過去の記事> 

【緊急特報】米大統領選オクトーバー・サプライズ
【緊急特報】まだまだ終わらない!怒涛の法廷闘争へ!

・集中連載(3)

【第1回】ビル・ゲイツとワクチン
【第2回】ビル・ゲイツとマイクロチップ
【第3回】ビル・ゲイツと人口削減

・集中連載(2)

【第1回】ディープステートの正体
【第2回】2016年大統領選ヒラリーの私用メール
【第3回】ヒラリーの私用メール問題がトランプを勝たせた
【第4回】セス・リッチ射殺事件とロシアゲート
【第5回】拡大するQアノン運動
【緊急特報】米中戦争勃発!亡命学者の大暴露!
【対談編・前編】ヒラリーの逮捕
【対談編・後編】パンデミックの収束はいつ?

・集中連載(1)

【第1回】ビル・ゲイツの予言
【第2回】パンデミック演習「イベント201」
【第3回】武漢ウイルス研究所とは何か?
【第4回】「プランデミック」の賛否
【第5回】武漢フレンチコネクション
【対談編・前編】トランプが陰謀を挫いた
【対談編・後編】ディープステートvsトランプ

画像は「Getty Images」より引用

【集中連載(3)第5回】ビル・ゲイツとグレート・リセット

 2020年の怒涛のパンデミックを経て、2021年が到来した。とはいえ、不透明な状態が続くアメリカ大統領選挙、コロナワクチン接種が始まったタイミングで変異種が登場するなど、まだまだ予断を許さない世界状況が続いている。

 英ジョンソン大統領は「国民を守るために正しいことをする、難しい決断を下すことが私の義務だ」(2020年12月19日)と言い切り、再びロックダウンに踏み切った。イギリスでは、感染力が従来よりも最大7割高い変異種が蔓延している

 まだまだ終わらないコロナ禍であるが、これから世界はどうなってしまうのだろうか?

 毎年、世界の権力者や富裕層が集まって、人類の未来について話し合おうというのが、通称ダボス会議こと「世界経済フォーラム(WEF)」である。2020年の会議には、世界117カ国から約3000人が参加している。

 今回は、パンデミック以降の世界を「グレート・リセット」するというので大いに注目が集まっている。まずは、その紹介動画を見てみよう。

 乗客の少ない地下鉄、防護服を着た人たち、噴霧される消毒液、コロナのパンデミックを連想させる映像が続く。さらに山火事やイナゴの大量発生、環境問題の悪化、都市での暴動など、世界的な政情不安定を訴えけてくる。「わたしたちの世界は変わってしまった」「わたしたちの挑戦もさらに大きなものとなる」という言葉が出て、「わたしたちの脆弱性が露わとなった」と続いた。ではどうすれば、「リセットが必要だ」と、リセットボタンを押すとそれまでの映像が早送りされ、「すべての人が果たすべき役割を持っている」と、自然エネルギー、大自然、人々が協力する姿などが映し出される。「グレート・リセット、ご参加ください」と結ばれている。

 世界経済フォーラムは、経済学者のクラウス・シュワブが主宰し、スイスのダボスで毎年1月に行われてきた。2021年は、コロナ感染拡大防止のため、5月13~16日、シンガポールでの開催に変更されている。また、例年ダボス会議が行われてきた1月25~29日は「ダボスウィーク」をオンラインで開催し、4月6~7日には東京で新興技術に特化した「グローバル・テクノロジー・ガバナンス・サミット」も行われる。

 このダボス会議とビル・ゲイツとの関係は深い。彼は何か新しい計画を始めるときには、まずはこの会議でお披露目している。2010年に仕掛けた「ワクチンの10年」計画もダボス会議での「この先10年間のワクチン開発に個人資産100億ドル(1兆300億円)投入」と発表したことから始まっている。そのニュースに世界中の製薬会社が敏感に反応したことは言うまでもない。ゲイツの世界侵略の数々はここダボス会議を中心に展開されてきたと言えるだろう。

 一方、前回2020年1月の会議では、トランプ大統領が2018年に続いて2度目の登壇、アメリカの経済的回復を強調し、環境問題には楽観論を展開した。それに対抗するように、10代の環境活動家グレタ・トゥーンベリは、激しい口調で環境問題を訴えた。

「グレート・リセット」を掲げた今年の会議では何が話し合われるのだろうか?

【ビル・ゲイツとグレート・リセット完全解説】ダボス会議で世界の権力者と富裕層が話し合う内容とは? 地球環境まで人工操作…ケロッピー前田のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで

トカナ TOCANA公式チャンネル